スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

復活の日に備えるためのキリスト教のお墓がある 納骨や埋葬の理由

 

復活の日に備えるためのキリスト教のお墓がある 納骨や埋葬の理由。

 

全ての人類の甦りの日。

聖書には、この世の結末に余すところなく全ての者が甦り、最後のジャッジメントをいただくと宣告されている。

人間の生き方は、素晴らしいことも罪深い態度も完全に筆記されていて、各々の営みに相応しい報酬が用意される。

救世主イエスさまの犠牲を承伏する者は、救われて、有罪判決を下されることがない。
 

基督教信仰者が墓石を用意する理由は、最後の審判の前の復活の時のために備えるということであります。

世の終わりの時には、すべての人々が復活して、最後の審判を迎えることになるというように聖なる書物に伝えられています。

まったく、いまの肉体と関係がないわけではありません。

イスラエルという国にあるオリーブ山には、キリストの再臨の日に直ちに死者の中から甦らされて、イエス様のもとに携挙していただきたいと、多くの信仰者が石棺の中に埋葬しています。

 

こういった救い主の御教えである復活の預言を基に石棺に骨や肉体を置いておくのが、キリスト教信者としてお墓の価値です。

一体どうしてか日本文化では、聖書を信じている人はお墓参りをしなくなるといった偏った見方広く認知されていますが、キリスト教信者は墓前礼拝を捧げます。
 

 

スポンサーサイト

コメント